日曜日, 11月 25, 2018

CTMソフトStudio Oneで遊ぶ(ループ処理)

PreSonus の 64Bit DAW ソフトである Studio Oneについて少し整理してみました。このソフトは無料版(Prime)でも優れた機能で驚きかつWindows版だけでなくMac版も公開されています。

取り敢えずのループ処理で遊んでみます。まずStudio Oneほ起動したら、左上にある[新規ソングを作成]をクリックします。 
[新規ソングを作成]パレットでタイトルなどを設定しますが、取り敢えずタイトルぐらいであとはデフォルトで処理するとイイです。初めて使うソフトの各種設定はデフォルトが基本ですから。

設定が済むと上図のような画面になります。画面右端の処理から[ループ]をクリックします。

[ループ/その他/Drums/loop]から任意のループデータを選択します。ここでは[Construction Drums2]を選びました。ちなみにデータを選択すると画面下部に三角の再生ボタンが表示されますので、フレーズ確認をここで行う事が出来ます。

フレーズが決まったら画面にドラッグします。ちなみに、タイムラインの数値の意味は整数が小節、少数が拍となっています。取り敢えず2小節目あたりにドッグしておきます。

配置されたフレーズをだプルクリックスと画面下部に[エディタ]が表示されますが、表示メニューの[エディタ]でもオンオフする事が来ます。

フレーズ部分を右クリックするとフレーズの複製等のフレーズ編集が可能になります。本格的な細部の編集はエディター画面で行います。

フレーズをコピーした状態です。

続けてギター[Guitar/loop]から[Full Strat]を加えてみました。

続けてベース[Blues/Bass/loop]から[Funk-Soal]を加えてみました。これだけのお手軽処理でソレ津ぽい音楽が出来上がります。まずはこのナンチャッテ作曲法で暫く遊んでみることをお薦めします。

Studio One 3