火曜日, 11月 12, 2019

Illustratorのブレンドは線の位置で面白い

Illustratorの線指定は内側や外側にも指定できますが、それらをブレンドしたらどうなるのか?り実験をしてました。

上から[ノーマルvsノーマル][外側vs内側][外側vsノーマル][ノーマルvs内側]

ブレンドの基点は上図のように左端に統一しました。

結果は上野陽になりました。どちらかがノーマルだと少し面白い結果になりますが、外側と内側での処理は期待していた中間調には生りませんでした。

ちなみに処理結果のアピアランスを分割すると上図のように更に表情を変えました。面白いです。

Illustrator CC 2018

TCDW6392 
仕事部屋での転た寝が多過ぎて

今週は目まぐるしいスケジュールで、流石に寝不足のために脳内はいつもよりも絶賛崩壊中〜&、仕事部屋での転た寝が多過ぎて笑う&絵にならない(>_<)。

月曜日, 11月 11, 2019

ペットボトル加工にアイロンは必須

色々活用できるペットボトルも切り口がちょっと危険なのが玉に瑕。そんなときはアイロンです。

まずペットボトルを出来るだけ綺麗に補助器具を使わずにカットするためにはマス機具テープで位置を示し、カッターで丁寧に切る〜が、いい感じです。

もちろん切り取っただけでは切り口で怪我をするかも知れません。そこで切り口をアイロンがけします。高温で処理して問題ありません。最近のアイロンは表面が加工し有るので溶けたりしません。

と言うことで、取り敢えず机の上の細々としてモノを一時的に整理するのに意外と重宝しています。

OLYMPUS PEN Lite E-PL1s
LUMIX G VARIO 14-42mm/F3.5-5.6 ASPH2

TCDW6391 
適度な雨は大歓迎でも台風はパス

久しぶりに夜は雨だったのですが、朝になったら止んでしまいました。もしかしたら適度に深夜に雨が降っていたのかも知れませんね。適度な雨は大歓迎ですが、台風はパスしたいです。

日曜日, 11月 10, 2019

Photoshopでステレオ3D写真風ムービー

ステレオ3D写真風のイメージをPhotoshopで作成してみました。あくまでもモドキです。

用意した画像のレイヤーを複製して4つにします。それぞれを下からNormal、Left、normal、Rightとします。

LeftとRightのレイヤーに対して、フィルタメニュー[レンズ補正]にて、Leftは水平方向の遠近補正を[-1]に、Right水平方向の遠近補正を[1]に設定して変形させます。

あとはレイヤーの順番にフレームアニメーションで表示時間を0とし設定して書き出せば完了です。

なんとなく・・・それっぽい感じに成ります。

Photoshop CC 2018

TCDW6390 
問題は関連した商品も必要なコト

あれやこれやで買い物が続いて嬉しいような焦るような〜。でも必要なモノで趣味や酔狂での買い物ではないのです。問題は関連した商品も必要になってくること・・・。注意しないと・・・。

土曜日, 11月 09, 2019

Photoshopのレイヤーコピーアラカルト

Photoshopレイヤーコピー機能を整理してみました。使い分けると効率化は桁違いです。

まず、上の様なレイヤヘ構成のファイルを作成しました。

一番上のレイヤーを選択している状態で[Control J]を実行するとレイヤーの複製がその上に生成されます。本来は選択範囲のコピーなのですが、選択範囲が無いと全コピーとなります。macOSの場合は[command J]

次に[control]キーを併用して飛び飛びに選択したレイヤーで同様に[Control J]を実行すると・・・

一番上に選択したレイヤーが纏まってコピーされます。macOSの場合は[command]と[command J]

同様に飛び飛びに選択した状態でレイヤーオプションの[レイヤーを複製]を実行し、

表示されたパレットでドキュメントを[新規]とすると、

選択したレイヤーだけの新規ファイルが生成されます。

なお、レイヤーの選択状態に拘わらずイメヘジメニューの[複製]を実行するとマスクなども含めた全く同じ状態の複製ファイルを自動生成します。これらを組み合わせることで確認処理なども効果的に実行できます。

Photoshop CC 2018

TCDW6389 
突然、現実を突きつけられて

えっ、ギャラがいいから地球行きを決意したのに・・・地球上では3分しか行動出来ないって何の罰ゲーム? 突然、現実を突きつけられて聞いてないよ〜的なシーン。

金曜日, 11月 08, 2019

Illustratorのフリーグラデーションと3D処理

Illustratorのフリーグラデーションは3D処理するときに要注意です。と言っても仕様なので他のグラデーションとは違うという意味です。

まず任意の図形を作成して適当なラーリングを行って押し出しを実行します。

3D押し出しの設定はデフォルトのままで100ptとしただけです。

3D押し出しの結果です。

カラーリングをグラデーションとすると上のような結果となります。向かって右側の足の先端が消えているのはバグのようです。

ここでフリーグラデーションを上の様に設定しました。

そのまま3D押し出しを事項すると上のような結果になりました。全然3Dになっていません。ただし、形状が破壊されることはありませんので、アピアランスパレットで3D処理を削除すれば元に戻ります。

どうてもフリーグラデーションを3D処理したい場合は、安全なベタ塗りで作成し、アピアランスを分割した後で再設定した方が良いでしょう。

Illustrator CC 2019

TCDW6388 
同じ場所へ一日に3回出かけた

仕事で、片道1時間以上の同じ場所へ一日に3回出かけた事があります。かなりのストレスでしたが、2回はあなりありますが・・・流石に4回はまだ経験していません。いや、経験したくないです。