水曜日, 1月 16, 2019

TCDW6092
折りを戻してしまう失態

時間つぶしに折紙をする事があるのですが、意外と面白い結果を発見出来たりします。問題はソレを無くしてしまうことですね。とっさのメモ代わりに折りを戻してしまう失態は数知れず・・・。

火曜日, 1月 15, 2019

Windows環境でテンキー入力をオンに

Windows環境で、キーボードのテンキー入力が出来ない機種がありますが、あれは出来ないのでは無くて、機能がオフに設定されているだけです。ということでショートカット整理しました。

まず、テンキーでの入力を可能にするには、
Scr Lk とNum Lk が刻印されている場合は、その【NumLk ScrLk】キーを押すだけで入力が可能になります。もう一度押せばオフになります。なお、[Scr Lk] とは[Screen Lock]、[Num Lk]とは[Number Lock]のことです。

もし、Num LkとInsertが刻印されている場合は、【Fn】キーを押しながら、【Insert NumLk】キーを押します。もう一度押せばオフになります。

Windows 10

TCDW6091
水筒に入れて机に置くと便利

寒いと直ぐにお茶やコーヒーが冷めてしまうので、小さな水筒に入れて机に置くと便利ですよ。万が一転倒してもこぼれないし、何より適温で最後まで飲めますから(^o^)

月曜日, 1月 14, 2019

Illustrator
グループ化で3D機能は劇的便利

Illustratorの3D機能は制約が多いのですが、下準備に注意すれば上図のように色々可能性が出て来ます。

まず、上図のように3つの矩形を用意して効果メニューの[3D>押し出し・ベベル]にて、押し出しを実行します。

上図は[3D>押し出し・ベベル]の結果ですが、上はノーマル状態。下は3つの矩形をグループ化させて処理しています。グループ化ではなくて複合パスでも結果は同様です。

ちなみに、グループ化せずに[3D>押し出し・ベベル]を実行したあとで、複合パスを実行するとそれぞれのパーツの前後関係で処理結果のカラーリングが変更されてしまいます。それぞれの前後関係は上から、以下の様な順番になってしまいます。後からの複合パス設定は避けた方が良いでしょう。

緑、青、赤
緑、赤、青
青、赤、緑

上図は処理結果です。

なお、グループ化した状態であってもパーツの一部を変形させる事で3D結果にもそれが反映されます。ここでは緑色の矩形の高さを伸ばしてみました。

上図は処理結果です。グループ化を上手に活用するとIllustratorの3D機能も色々と登場回数が増えそうですね。

Illustrator CC 2018

TCDW6090
散々探して見つからない理由が

1週間ほど前に作成したIllustratorのデータが見つからずに大パニック。Timemachineにも見当たらない・・・。もしかしてゴッソリとデータ移動したときに紛れた?のかも・・・と、茶箱に格納してあったHDDを取り出して調べるも皆無・・・で、散々探して見つからない理由が分かりました。データはIllustratorではなくてWordで作成していたのでした・・・(^o^)・・・焦るのは別の部分かもですね。

日曜日, 1月 13, 2019

Photoshop
サイズ変更時の[再サンプル設定]比較

Photoshopにて拡大縮小を行う際の基本は[自動]と理解して良いのですが、それ以外の設定がどれほど違うのか?について検証してみました。元データは4000pixel×3000pixel。コレをそれぞれの再サンプル設定で800pixel×600pixelまでュ苦笑してから元のサイズに戻した時の原寸表示で比較してみました。

[元データ]の状態

[再サンプル>自動]の結果

[再サンプル>バイキュービック法 - シャープ(縮小)]の結果

[再サンプル>バイキュービック法 - 滑らか(拡大)]の結果

[再サンプル>パイキュービック法(滑らかなグラデーション)]の結果

[再サンプル>ディテールを保持(拡大)(ノイズを軽減50%)]の結果

[再サンプル>ディティールを保持2.0(ノイズを軽減50%)]の結果

[再サンプル>ニアレストネイバー法(ハードな輪郭)]の結果

[再サンプル>バイリニア法]の結果

状況に合わせて色々と工夫が出来そうです。個人的には[ディティールを保持]や[パイキュービック法(滑らかなグラデーション)]などとの組合せが面白そうかな? また別の画像で実験してみたいと思います。

Panasonic LUMIX DMC-GF2
M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8
Photoshop CC 2018

TCDW6089
宇宙服のサイズを間違えてしまい

宇宙服のサイズを間違えてしまい、「地球人に笑われる〜」と、途方に暮れるエイリアン。ということは、エイリアンの中は・・・もしかしてオジサン?

土曜日, 1月 12, 2019

PowerPoint
異なるデザインを混在させる方法

PowerPointでまったく異なる複数のデザインのスライドを1つにまとめる手順を整理しました。

用意したファイルA

用意したファイルB

ここではファイルAにファイルBのスライドを追加することにします。まず、ファイルAで新しいスライドのボタンをクリックします。

スライドのボタンをクリックして表示される一覧の一番下にある[スライドの再利用]を選択します。

[スライドの再利用]を選択すると右端に[スライドの再利用]の書式設定風のエリアが現れるので[PowerPointファイルを開く]を選択し、追加したいPowerpointファイルを選択します。ここではファイルBです。

ファイルを選択すると読み込んだファイルの全ページが表示されます。ここで、配置したいページをクリックするだけなのですが、デフォルトではクリックしたページは受け手のデザインに強制変更されてしまいます。それを防ぐために、画面下部にある[元の書式を保持する]にチェックを入れておきます。これで設定は完了です。あとは配置したいページをクリックするだけです。

受け手のどのページの下に配置するのかをまず設定します。もちろん後からでも変更出来ます。

ファイルAにファイルBのページを配置した状態です。デザインが異なっている必要がアル場合、あるいは複数の人の共同制作と言った場合に使うとよいかもしれません。

PowerPoint 365 2018

TCDW6088
PCから鳥のさえずりが超ウルサクて

ゲットしたラップトップマシン・・・アイドルのスクリーンセーバーを削除したら、今度は自然画像のスクリーンセーバーが起動して鳥のさえずりが超ウルサクて適わない。本来のスクリーンセーバーの設定項目に出てこない・・・イラッとする。特別仕様は本当に止めて欲しい・・・。ちなみに消し方が判らない(>_<)

金曜日, 1月 11, 2019

Shade3D
重要なのはIllustratorの形式

Shade 3DにIllustratorのデータをインポートする際の掟をど忘れしてしまい、質問も入って居たので実験&整理してみました。年に数回の利用だと忘れますね・・・。まず、上図の様にIllustratorでアートボードの左端にオブジェクトのセンターをスナップさせます。これでShade 3Dに読み込んだときにセンター配置になります。

まず書き出しはaiでもepsでもOKです。ただし、Illustrator8以前でないとセンター合わせは手動になります。

また、epsの場合はプレビューは「なし」を選ばないと、Shade 3Dで読み込んだときに余計な矩形が待てしまいます。消すことは出来ますが面倒ですから、プレビューは「なし」にしましょう。



ちなみに作例のデータを読み込んで掃引すると上図の様になってしまいます。小さい方の六角形は穴のよていなので、穴にしたい場合は[線形状属性]の[穴]にチェックを入れれば下図のように穴が開きます。

ただし、閉じた線形上の掃引体の順番は穴が下に位置していなければただしく処理されません。

Shade 3D V12