火曜日, 11月 03, 2020

フリーのOnline Sequencer用・簡易マニュアル

登録(といっても完全無料)が完了したら操作方法の確認です。日本語化されていませんが、楽曲系なので、それほど難しくは無いと思いますが、簡単に整理してみました。


ログインして表示される画面の左端の鍵盤は右端のスライドに連動しています。
それでは順番にメニューを確認します。


①鍵盤
②BPM(Beats Per Minute)とはテンポのことで、4分音符を1分間に打つ回数を入力します。数値が小さいほどゆっくりと、大きいほど早く演奏。
③Titleは、作成する曲のタイトル入力欄。
④Drawは、音を任意の位置にプロットする。特に意識しなくてもデフォル度ONになっている。摘まんで引き延ばすことで、音の長さを修正することも出来る。
⑤Selectは、プロットした音を選択。選択する事で゛移動する事が可能に。
⑥Eraseは、プロットした音を削除。
⑦Instrumentは、楽器指定。以下の対訳を参考に選択。

⑧Highlight this one
⑨Show optionsは、楽器一覧から好みの楽器を選択。
楽器名称をクリックしてから編集画面をクリックすると、その場所に指定したが付きの音色が入る。
色々名楽器を使い分けたいときは、パレットを表示してしょりするこの方法が便利です。

画面上から選択する残りのツールは・・・

⑩Copyは、選択した音をメモリーに読み込みます。
⑪Cutは、選択した音を削除します。
⑫pasteは、メモリーに読み込んだ音をペーストします。
⑬Select allfは、全ての音を選択します。
⑭Zoom outは、レイアウト画面縮小。
⑮Zoom inは、レイアウト画面拡大。
⑯雲のアイコンのSaveは、クラウド上にデータ保存。下矢印のSave optionは、Save & copyがオンライン上に保存(******)[http://onlinesequencer.net/*******]。Save local fileが、PC上にファイル保存。Export MIDIが、MIDI形式の書き出し。

データの保存は、クリックして作品をウェブサイトに保存します。アカウントを作成した場合は、リンクを使用して後で更新することができますが、そうでない場合は、再度保存するとコピーが作成されます。ドロップダウンメニューの "Save local file "をクリックすると、シーケンスのテキスト表現を含むファイルがコンピュータに保存されます。Export MIDI をクリックすると、他の音楽ソフトで再生や編集が可能なMIDI形式のファイルを保存することができます。

⑰Show helpは、簡易ヘルプ画面(全て英語)
⑱More Toolsは、Invertが、音の反転処理。Minor <-> Majorがマイナーとメジャーの変換。Fast graphicsは、高速グラフィックス(結果の違いが不明

画面下から選択するツールは・・・

⑲Gridは、レイアウト画面のグリッド密度を変更して(1/2,1/4,1/8,1/16)から設定します。これにより、1/2〜1/16の音符を配置することができます。キーを選択すると、そのキーに属するすべての音符がハイライト表示されます。BPM(1分あたりの拍数)を変更して、シーケンスを速く再生したり遅く再生したりすることができます。

⑳Keyは、音程で以下の様な設定が可能です。

㉑Auto scrollは、画面の自動スクロール設定で、Smooth(なめらか)、Fast(速い)、Off(行わない)。SmoothとFastの違いが謎。なお、スクロールバーやマウスホイールを使ってスクロールすることもできます(水平方向にスクロールするにはシフト+マウスホイール)。Alt + マウスホイールでズームインとズームアウトが可能です。