月曜日, 7月 30, 2018

Word & PowerPoint
なんと3Dデータが配置出来るって超驚き

普段はMacをメインで活用しているので、どうも気が付くのが遅れがちのOfficeネタてすが、なんと、Wordで3Dデータをインポートできるんですね〜。挿入メニューの[3Dモデル]の[オンラインソースから]を選ぶとカテゴリーが表示されます。

カテゴリーを選ぶと、関連データの一覧が表示されるので、好みのデータを選択して[挿入]ボタンを押すだけです。

3Dデータなので、配置したWord上で自由に好きな角度に配置する事が出きます。

ちょっと面白いですね。これでユーザー定義の3Dデータが〜と思ったら、それが出来るのです。詳しくは明日アップ致します。ちなみに、この[3Dモデル]はPowerPointでにも搭載されていますが、Windows版だけの機能です。

Word 365 2018