日曜日, 6月 02, 2019

MS-Wordの遊明朝&遊ゴシックの行間問題

MS-Wordでデフォルトフォントに変更された遊明朝&遊ゴシックの行間問題(※)はイライラの元です。これを一時的?に修正する方法を整理しました。

※デフォルトの10.5ポイントであれば問題はありませんが、11ポイントのようにサイズを変更すると突然行間が以上に広がってしまう問題。

上は行間設定が1.0でもサイズを11ポイントに変更した状態です。洒落になりません。

このような時は遊明朝または遊ゴシックを選択し、段落設定パレットの[1ページの行数を指定時に文字をグリッド線に会わせる]のチェックを外すとノーマルな状態になります。

上はチェックを外した状態です。ただし、選択していない遊明朝&遊ゴシックには適応されません。

なお、11ポイントでもノーマル表示される旧デフォルトフォントであったMS明朝&MSゴシックに対して適応させると逆に困ったことになるので要注意です。

遊明朝&遊ゴシック意外に適応させると行間が以上に狭くなってしまいます。なので、デフォルトフォントを変更して遊明朝または遊ゴシックを使わない方法が件名かも知れません。

Office 365 for Mac(Windows)のデフォルトフォント変更方法

MW-Word 365 2019