水曜日, 10月 17, 2018

TCDW6001
アイデアが出てこないときより辛い

ちょっと面白い(多分自画自賛)アイデアが出て来たのに、肝心の検証するために必要な材料が見つからない〜ジレンマは、アイデアが出てこないときより辛いかもですね。

火曜日, 10月 16, 2018

Illustrator
フォントとの整列を綺麗にしたい

フォントにも左右されますが、見た目と違ってフォントの実サイズの天地関係はシンメトリーではありません。上図のように任意の矩形と天地中央揃えにしたくてもズレてしまいます。実際手動で調整するしかありません。

データの構造を見れば上図の上の様になっているので仕方が無いことです。

しかし、上図の下のように、矩形と組合せ、矩形のサイズとして色々作業をしたいときにはかなり面倒です。アウトライン化すれば問題は解決ですが、したくない場合を考えてみました。

まず、文字ブロックにザックリと外接する任意の四角形を作図します。図の緑色の矩形は文字の背面に塗りも線も無しの状態で配置します。そしてそのコピーを組み合わせたい矩形の中に配置しします。図の小さい方の赤い枠がそれです。前後関係は以下の様のします。

・小さい方の赤い枠
・文字
・塗りも線も無しの枠

ここで、文字と塗りも線も無しの枠をグループ化してから、小さい方の赤い枠も選択してオブジェクトメニュー【エンベロープ/最前面のオブジェクトで作成】を実行すると、全体のデータサイズも大きい方の赤い枠と同等になるので、後処理が楽です。なお、このままシンボル登録をしてしまうと、エンベロープ処理をしているために文字がアウトライン化されてしまうので要注意です。

Illustrator CC 2018

TCDWが6000回目になりました

2003年12月29日からグダグダと続けている毎日何かを造ってアップする〜が、本日で切りの良い6000回目になりました。5555回目にも書きましたが、最初は本当に泣きそうになりましたし、サボってしまった時もあります。日数としては初日を含めて5406日で6000回ということで数が合いませんが、一時は日に2〜3度アップしていたこともありましたので。でも、とにかくここまで来ました。本当にビックリです。初心に戻ってという意味も込めてカラーリング無しのサーフェス風にグレーで決めてみました。

月曜日, 10月 15, 2018

Photoshop
半丁処理は透明なしのグラデーション

写真等に文字をいけたいときに部分的にグラデーションを使って半丁にする場合があります。その場合、描画色と透明のグラデーションではなくて、デフォルトの描画色(黒)、背景色(白)のグラデーションの方が都合が良い場合があります。

シンプルな黒から白へのグラデーション

写真画像の上のレイヤーに作成します。

この時、グラデーションの描画モードを【スクリーン】とすると黒が消えて白だけが残った状態になります。

また、この時、グラデーションの描画モードを【乗算】とすると白が消えて黒だけが残った状態になります。

これを利用すれば、黒から赤のグラデーションなら・・・

グラデーションの描画モードを【スクリーン】とすると黒が消えて赤だけが残った状態になります。

もし、白から赤のグラデーションで、グラデーションの描画モードを【スクリーン】とすると白も赤も残った状態になります。色々と描画モードを変えてイメージを模索するときなどに良いかも知れません。

Photoshop XX 2018

TCDW5999
今度はプライベートで

1年ぶりの大阪だったのに、感覚的には数ヶ月前なのがとっても不思議です。今度はプライベートで・・・かな。大阪市中央公会堂、大阪府立中之島図書館、大阪倶楽部、日本銀行大阪支店旧館、綿業会館、北浜レトロビルヂング・・・あたりは要チェックですね。

日曜日, 10月 14, 2018

大阪DTPの勉強部屋のセミナー紹介した面白いツール(OsakeDTP30)

10月13日行った大阪DTPの勉強部屋のセミナー会場で紹介した面白いツールの一覧です。一部は過去にBlogで紹介していますが、今後は色々と制作途中をお知らせするようにします。

テキスト音楽「サクラ」
専用エディタに『ドレミ』と書けば、その通りに音楽を演奏することができるソフト。もちろん、本格的な音楽制作ができます。

PreSonus Studio One
Presonus Software社によって開発、販売されているプロ用DAW(Digital Audio Workstation)。
トップペーシの上にあるメニューから[PRIME]でフリー版のページに行けます。

MikuMikuDance
プリセットされた3Dキャラクターモデルを操作してアニメーションを作成する3DCGソフトウェア。デフォルトで初音ミクなどVOCALOIDキャラクターの3Dモデルを使用できだけでなく、オリジナルのキャラクターモデルやアクセサリを組み込んで操作することも可能。

SCULPTRIS
ZBrushファミリーで3Dスカルプトに特化した高機能なフリーソフトウェア。まさに粘土細工のように3Dデータを作る事が出来ます。このBlogでも紹介しています。

ZBrush トポロジーと移動、スカルプトリスについて(105)

いつの間にか3Dの世界はスカルプト祭りなのかも


TCDW5998
大阪は天気も人も温かかったです

昨日の大阪DTPの勉強部屋主催のセミナーは無事に終了することが出来ました。大阪は天気も人も温かかったです(^o^)タコ焼きも(^o^)。参加して下さった皆さん、本当にありがとうございました。

土曜日, 10月 13, 2018

TCDW5997
1週間って実は2日ぐらいでは?

時間の経つのがハンパ無く速く感じ始めてかなり焦るようになりました。1週間って実は2日ぐらいではないのだろうか?という疑惑がメラメラと湧いてきています。さっ、大阪行くぞ〜(^o^)

金曜日, 10月 12, 2018

ミックス・ドライフルーツケーキ大阪版

毎度お馴染みの説明不要ケーキシリーズの大阪セミナー版です。あっ、大阪のセミナーはお菓子作りではありません。今回は基本のミックスドライフルーツケーキにしてみました。ミックスドライフルーツを普通じゃ無いくらい沢山使っています。

■材料
※レシピは中型パウンドケーキ型1個分です。

サラダオイル:大さじ2程度
無塩バター:60g
薄力粉:85g
砂糖:50g
シナモン:小さじ1/2
オールスパイス:少々
ベーキングパウダー:小さじ1/2
卵:小2個(中の場合は1個半)
レーズン:20g
ミックスドライフルーツ:30g
ハチミツ:大さじ1程度

■手順
薄力粉にベーキングパウダーとシナモン、オールスパイスをしっかり混ぜて(a)とします。次に新しいボールにバターとサラダオイルを入れ、砂糖をすり混ぜてから更に卵とハチミツを混ぜて(b)とします。(b)に(a)を混ぜて(c)とします。ここで10分ほど生地を寝かせてからレーズンとミックスドライフルーツを混ぜて型に入れ、170度のオーブンで30分程度焼いて完成です。

OLYMPUS PEN Lite E-PL1s
M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.6 II

写真撮影
トイレットペーパーの芯アダプター

一眼レフの内蔵ストロボの発光部分にトイレットペーパーの芯、または同等の筒状のモノを付けるとスポットライト風の撮影が出来ます。

ノーマル状態で内蔵ストロボを発光された状態。出来るだけ接写撮影の方が効果的です。

フィギュアに合わせた状態

フィギュアから外した状態
クッキングペーパーなど筒状の芯は意外と入手しやすいので安上がりです。ちなみにカメラを三脚で固定していれば筒の固定は必要触れません。

OLYMPUS PEN Lite E-PL1s
M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.6 II


TCDW5996
少しカワイイ?ケンタウルス

少しカワイイ(何処が?)ケンタウルス(???)見たいなエイリアン。非シンメトリーで作成していますが、ちょっとイマイチだったかも。それよりも明日は大阪の皆さん宜しくお願いします。

大阪DTPの勉強部屋

木曜日, 10月 11, 2018

Google
ドライブの切り替えはワンクリック

画面右上のアイコンをクリックして切り替えるだけです。あまりにも簡単だったので拍子抜けしてしまいました。今までは一度ログ∪してからログインという手順でしたが、それだと同時に開いているGmailやBloger名とをリセットする必要がありましたが、この方法ならその必要がありません。便利〜。上はメインアドレスからアドレスSのドライブへ切り替え。 
上はアドレスSからメインアドレスのドライブへ切り替え。Googleはまだまだ勘違いや知らない事が天こ盛りのようです。

TCDW5995
授業の終了後に毎回30分ぐらい

授業の終了後に毎回30分ぐらい話しかけてくれる三人組の女学生が居て、これがとにかく面白い話の爆発モードで時間の経つのを忘れちゃってメチャクチャ癒やされてます。

水曜日, 10月 10, 2018

Illustrator
シンボル機能で迅速パーツ交換

キャラクターなどで表情やポーズの違いを作成している場合は、パーツ毎にシンボル登録していると効率が良いです。ここでは胴体と頭部をシンボル登録しています。

頭部と胴体をシンボル登録した状態。

必要であればシンボル登録したデータを直接ダブルクリックして編集することも可能です。

登録が済んだら、変更したいパーツを選択し、シンボルウインドウのオプションから[シンボルを置換]を選択すれば瞬時にシンボルは入れ替わります。グループ化だけでなくシンボル化もデータ整理には超効果的です。

※このイラストのオリジナルはMS-Wordで作成しています。

Illustrator CC 2018

TCDW5994
正しい漢字に置き換えて読んでしまう

ネットの情報を読んでいると「えっ、これなんと読むの?」という漢字に出くわして、焦って調べたら誤変換だったって事が多いですね。まっ、私も人のこと言えませんが、厄介なのは、脳内で正しい漢字に置き換えて読んでしまうことですね。

火曜日, 10月 09, 2018

Photoshop
グラデーションは描画色と背景色で

PhotoshopのグラデーションはIllustratorと異なり、描画色と背景色で登録出来るメリットがあります。これを最大件に活用すると、かなり面白い&有益な可能性を秘めています。

まず病的ですが、上図のようなグラデーションを白黒では無くて描画色と背景色で作成します。編集パレットは拡大表示できますので細かい設定も根気さえ在れば大丈夫です。

登録したグラデーションはデフォルト環境では白黒になります。

しかし、描画色(赤)と背景色(青)を任意変更すると上図のように変化します。

単純なデフォルトの2値によるグラデーションでも上図のようになります。

もちろん頑張って作成した鬼のようなステップのグラデーションであれば上図のような結果をもたらしてくります。

Photoshop CC 2018

TCDW5993
笑っちゃうくらい相性が最悪の日々

Macで設定している連絡データがiPhoneに正しく連動していないことが発覚してプチパニック。一応連動しているのですが、かなり古いデータが連動していて謎過ぎるAppleシステム。ここのところAppleとは笑っちゃうくらい相性が最悪の日々。

月曜日, 10月 08, 2018

写真撮影
ペットボトルレンズで光源撮影が面白過ぎ

マニュアル設定が出来るレンズとペットボトルの底を用意すると不思議菜写真を撮影することが出来ます。ポイントは絞り込むこと。露出はオートでOKです。

電球撮影1

電球撮影2

蛍光灯撮影1

蛍光灯撮影2
ペットボトルの切り口はクッキングペーパーを乗せてアイコンがけすると便利です。

冒頭写真のみ
OLYMPUS PEN Lite E-PL1s
M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.6 II

それ以外はPanasonic LUMIX DMC-G3
Ai NIKKOR 50mm F1.8

TCDW5992
覆面付ければ良かった

今までのエイリアンはネイキッド(^o^)だったので、適当にウェアを着せてみました。なんだかアマチュアレスラーみたいになってしまいました。あっ、覆面付ければ良かった(^o^)かも。

日曜日, 10月 07, 2018

ZBC
ライブブーリアン的処理で遊ぼう

ZBrushにあるLiveBoolean(ライブブーリアン)がZBrushCoreには無いので、代替え処理を整理してみます。まずZBrushでの処理の準備と途中段階までは同じです。

まず、削りたい形状と、削る形状をサブツールに分けて配置し、削る形状の設定から三日月マークの[差]を与良日削りたい形状の下に配置します。

どの程度食い込ませるのから処理もZBrushの時と同様です。

ただし、ここから処理が若干異なってきますまずジオメトリーの[ダイナメッシュ]にチェックを入れます。上図のように選択している状態です。

上の立方体をサブツールで選択していることを確認し、サフツールの結合から[下と結合]を選びます。

処理後に[ダイナメッシュ]のチェックをオン・オフすると削り取られます。下図は処理結果です。

見た目は何も変わっていませんが、ここでWindowsはControlキー、MacはCommandキーを併用して画面の何も無いところで矩形を作成すると上図のように削り取られたイメージが出来上がります。

ZBrush Core 2018
ZBrushでもこの処理は可能です。