金曜日, 2月 23, 2018

ZBrush 4R8のZリメッシュパワー

ZBrush 4R8のZリメッシュがどのくらい凄いかを始めて実験。今まで気にせすに、そんなものだと思っていたので、結果に改めて驚いてしまいました。
ベーストしたのはZBrushCoreで作成したキモカワ系のキャラクターですメッシュの状態が解るようにポリフレーム表示にしています。またこのデータのポリゴン数は76962個です。

Zリメッシュを5(5000程度?)に設定したモノを高サブディビ表示しています。ポリゴン数は5484個でした。実に1/14です。

Zリメッシュを2(2000程度?)に設定したモノを高サブディビ表示しています。ポリゴン数は2494個でした。実に1/31です。

調子にのってFusion360から書き出したOBJ形式を開いてみました。こちらは三角ポリゴンなので、そのままだとちょっと面倒な状況です。ポリゴン数は22718個でした。

Zリメッシュを5(5000程度?)に設定したモノを高サブディビ表示しています。ポリゴン数は8171個でした。約1/3です。

Zリメッシュを2(2000程度?)に設定したモノを高サブディビ表示しています。ポリゴン数は4374個でした。約1/5です。

これで愛用の3Dソフト(ZBrush、ZBrushCore、modo、Fusion360、Strata 3D、etc)でデータのキャッチボールがスムースになりました。なお、ZBrushCoreにはこの機能はありません。

TCDW5765
寒さが戻ってきたのにはちょっと焦り

取り敢えず一山越えたみたいです。もちろん後処理も残っていますが・・・凄く気が楽になりました。他にも色々やることはあるのですが・・・順番間違えると大変ですからね〜。しかし寒さが戻ってきたのにはちょっと焦りました。寒いと言うより痛いです。

木曜日, 2月 22, 2018

Strata Sculpt 3Dがちょっと凄い

Strata Sculpt 3D

StrataからSculptris系フリーツールが登場です。オンライン上で使うのでとても便利です。後発なので良い感じです。また、SculptrisやZBrushファミリーを使った事があれば操作系で混乱することはありません。試しに適当に作成してみました。データはobj形式などで書き出すことが出来ます。

Strata Sculpt 3Dの特徴は作業中にトポロジーで密度を変更出来ることです。細かくも粗くも出来ます。必要に応じて調整が出来る展が良いですね。

OBJ形式で書き出したデータをStrata Design 3D CX 8.2.2Jで編集し、適当なテクスチャーを設定してみました。ちょっと楽しいワークフローが出来た感じです。流れとしては出来るだけStrata Sculpt 3D側ではローポリで作成し、Strata Design 3D CX側で必要に応じてサブディバイド・・・ですね。しかし、Sculpt系のモデリングになれてしまったので、モテリングはStrata Sculpt 3Dで処理しました。Strata Design 3D CX側はマテリアルとレンダリング・・・。

マテリアル関係はPhotoshopのレイヤーに連動しているので設定がとても楽なのがStrataの魅力ですね。

Strata Sculpt 3D
Strata Design 3D CX 8.2.2J

TCDW5764
半年使わないと確実に記憶から抜ける

ソフトウェアの操作方法で思い出せる幅ってどのくらいの期間でしょうね。半年使わないと確実に記憶から抜けるような気がしますが・・・。モノによっては1ヶ月という説もありますが・・・取り敢えず半年にしておきましょう(独り言)・・・自分で作ったのに忘れるのって情けない・・・。

水曜日, 2月 21, 2018

一眼レフで「写ルンです」ゴッコ

最近「写ルンです」遊びにはまっています。要するに使い捨てカメラゴッコです。ただし、Panasonic LUMIX DMC-GF2にM.ZUIKO DIGITAL 17mm F1.8(35mm換算35mmレンズ)という環境で行います。フジフイルムの公称値を元に。ISO:400、絞りF16、シャッター速度1/125に、ピントは3m程度に固定し、完全に「写ルンです」状態とし、更に液晶モニターを遮蔽してノーファインダー撮影してみました。偶発性を楽しむという意味で藻絵小見白いです。これだけ絞って広角レンズなら3mに距離を設定すれば1m以降は完全にピントが合います。ちなみに本物はネガカラーなので多少の露光ミスは救済してくれますが、デジタルなのでPhotoshopでの現像処理が必要ですね。

上は、Photoshopでトイカメラ風に加工(その1)。

上は、Photoshopでトイカメラ風に加工(その2)。色々と不便さを楽しむのもスキルアップに繋がります。

Panasonic LUMIX DMC-GF2
M.ZUIKO DIGITAL 17mm F1.8

TCDW5763
忘れてしまいそうな複雑怪奇な仕組み

苦節1週間・・・まったく解らなかったことが突然理解出来たら・・・今まで解らなかったことが芋づる式に解ってきて驚きの連続。しっかりメモしておかないと・・・また忘れてしまいそうな複雑怪奇な仕組み〜・・・・かな。メモメモ。

火曜日, 2月 20, 2018

Fusion360
作成したデータを他の3Dで利用する

Fusion360で作成したデータを他の3Dソフトに配置したい場合は、サーバー側からダウンロードすることで通常のエクスポート形式では得られないファイル形式を得ることが出来ます。Fusion360のデータパネル上部の「Web上の誰々のFirst Projectを開く」をクリックするとサーバー側のデータが表示されます。上図の赤枠の部分。

サーバー側のデータ一覧から該当するファイル名わ選択するとダウンロードボタンが表示されます。

ダウンロードボタンをプレスするとファイル形式を選択出来ますので、任意の形式を選びます。ここでは受け手がmodoなので、fbx形式を選びました。modoの場合はobj形式でもOKですが、カラー情報を取り込みたい場合はfbxが良いでしょう。

暫くすると登録されているメールアドレスにダウンロード通知が届きます。これをクリックすることで初めてデータがダウンロードされます。

ダウンロードしたデータを任意の3Dソフトで読み込みます。読み込みを始める前にオプションパレットが表示されますが、デフォルトのままで特に問題ありません。

上図はmodoで開いた状態です。特にmodo側での処理はしていません。ちなみにmodo側など、受手側で編集をしたい場合はポリゴンが三角形で細かいので、トポロジー処理をした方が賢明でしょう。

TCDW5762
避けて通れない苦労三昧の制作日記

新しい機能をマスターしたら、今までの苦労は水の泡。マスター出来なかったら、今までの苦労の繰り返し。どのみち避けて通れない苦労三昧の制作日記・・・ですかね〜。

月曜日, 2月 19, 2018

都内某所の風景・・・1062
長い歩道橋の端が気になる工事中

 
恐ろしく長い歩道橋の橋が気になる工事中・・・こういった怪しい場所が大好きですが、妙に立ち止まって詮索できないのが辛いところですね〜。本当は詮索したいのですが・・・。

OLYMPUS PEN Lite E-PL1s
M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6

TCDW5761
気になるのは内蔵式のガジェット類

デジタルカメラのパッテリーがヘタってきたようで追加購入。現在9種類のハッテリーを使っていますが、やはり頻度の高いカメラのバッテリーはヘタるのも早いですね。もちろん純正は高くて互換バッテリー使っていたりしますので買い換えは気になりませんが、気になるのは内蔵式のガジェット類ですね。ICレコーダー等・・・今のところ内蔵バッテリーのガジェット類は買って間もないので気にする必要は無いのですが・・・貧乏性なので。

日曜日, 2月 18, 2018

解説の無いメイキング(その1)

たまには解説の無いメイキング・・・ということで上はオリジナル元画像

コントラストを付けた雰囲気に加工

イメージを明るくクールに変更

深みを加える

最後にドラスティックなカラーリンク調整。

Panasonic LUMIX DMC-GF2
M.ZUIKO DIGITAL 17mm F1.8
Photoshop CC2018

TCDW5760
高い周辺機器がヘタれるとイラッとします

突然Apple拡張キーボードの"L"・・・つまり「り」が反応しなくなってしまいました。高い周辺機器がヘタれるとイラッとしますね。取り敢えず予備があったので実害は無かったのですが・・・やっぱりイラッとします。


土曜日, 2月 17, 2018

Fusion360
データの組み合わせ方法

Fusion360にて個別に作成したパーツの組合せは右クリックで行います。受け手のデーを表示している状態で、予め作成しサーバーにアップしてあるデータを右クリックします。

右クリツクすると上図のようなメニューが表示されるので、【現在のデザインに挿入】を選択します。

これで受け手側に選択したデータ画配置されます。ただし、組合せはそれぞれが作成されたときのサイズになる点に注意が必要です。もちろん挿入した後でのサイズ調整も可能です。

バリエーション作成にはこの方法がもってこいです。

TCDW5759
スパムとして自動的にサーバー側のゴミ箱

暫く使っていなかったソフトを起動したら・・・IDが確認出来ないので〜ということで再登録&メールで確認・・・のメールがまったく届かない。何度やっても届かない・・・。そこで冷静になって「もしかして?」とサーバーを確認してみたら、スパムとして自動的にサーバー側のゴミ箱入りしていて脱力感。メーカー名は武士の情けで伏せます。

金曜日, 2月 16, 2018

画像処理テクニック講座 Vol.118
Photoshopの復習
【応用力が付くリンク配置】

次回、第118回目の画像処理テクニック講座は、3月15日(木)19:00より開催されます。参加は無料で、どなたでも参加できます。詳しくは以下のサイトでご確認下さい。

海津ヨシノリの画像処理テクニック講座 vol.118
〜Photoshopの復習
【応用力が付くリンク配置】〜

複数のバリエーションを必要とするプロジェクトに有効なリンク配置機能を整理いたします。レイヤーを生かしたRGBデータの組合せをそのままCMYKモードのファイルにリンク配置するといったことも可能です。

・ファイル名に代表されるデータ管理の重要性
・形状の違うアウトプットへの対応
・バリエーション対策として
・Illustratorとの連動


TCDW5758
ハイポリの塊をいじると挫折しそう

例えば、環境の違いの比較で同じモノを作るってほとんど不可能に近いのですが、まっ、無理なモノは無理なので、似たモノで宜しく・・・ですね。3Dだと、どうしてもローポリからのモデリングに慣れているので、いきなりハイポリの塊をいじると・・・挫折しそうな今日この頃。

木曜日, 2月 15, 2018

Fusion360
モデルからスカルプトでの編集

Fusion360にてモデルMODEL(BRep)モードのデータをそのままの状態で、スカルプトSCULPT(T-Splines)モードで編集することは出来ません。しかし、スカルプトSCULPT(T-Splines)モードに変更してから【ユーティリティ>変換】にて該当するオブジェクトを選択し、必要に応じて面の分割数などを指定することで、スカルプトSCULPT(T-Splines)モードでの編集が可能になります。

スカルプトSCULPT(T-Splines)モードで有機的に編集した形状をモデルMODEL(BRep)モードに変換してから、更にスカルプトSCULPT(T-Splines)モードに変換した直後。グレーアウトして編集不可能です。

【ユーティリティ>変換】にてオブジェクトを選択します。

変換タイプは【BREPからTスプライン】他、必要に応じて面の分割数などを指定。

これで編集可能な状態となります。たたしねもかなり複雑な形状であったり、型抜き処理をしていたりすると、処理のハードルが高くなってり、処理そのものが限り無く不可能になりますのでお薦めしません。



TCDW5757
駐車場料金が突然2倍になって唖然

月に数回は確実に使っていた世田谷にある駐車場料金が突然2倍になって唖然。どうりでガラガラだったわけです。なんとかこのトラップを自衛しないと・・・というか・・・選択肢がほとんど無い場所というのは辛い・・・。

水曜日, 2月 14, 2018

marimekko SPIRIT in Tokyo

昨日、東陽町にある竹中工務店本社内で今月15日まで開催されている「マリメッコの暮らしぶり展"marimekko SPIRIT"」に出かけてきました。フィンランドを代表するブランドであねマリメッコは「マリーのためのドレス」という意味です。実は大好きなデザインの1つです。

随所に和風のイメージ。しかも違和感が無いのが素敵でした。実は茶室もありました。

生地のデザインハ本当に素晴らしいです。大柄で大胆なデザインはお気に入りです。

Panasonic LUMIX DMC-GF2
M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6