月曜日, 8月 27, 2018

ZBC
基本モデリング手法(ZSphere)

今回はZBrush Core 2018での基本モデリング手法(その1)を簡単に整理してみました。今回はZSphereを使ったモデリングです。

まず、ZSphereを選択し、シンメトリーにてモデリングを開始します。

取り敢えず最低限のパーツとして小動物的なオブジェを作成します。この段階ではあまり難しく考えなくてOKです。作例はポリゴン状態が確認しやすいように、初めからポリフレーム描画としています。

ベースを作成したら少しずつ調整補していきます。細部は無視して全体を重視します。

大凡こんな感じに仕上がればベストです。

ここでAのキーを押してアダプティプスキン表示を確認します。この時、右端ルニュー最下部にあるアダプテックスキンの[ダイナメッシュ]を0に、[メッシュ密度]を2〜3程度に設定すると良いでしょう。

あとは任意のブラシで形状を戸取り得ていきます。ZSphereに戻して新たなZSphereを追加しない限りアダプティプスキン表示での編集はリセットされません。この一連の流れを繰り返しているといい感じにコツが掴めるようになります。

ZBrush Core 2018