土曜日, 8月 18, 2018

画面録画
PCの操作画面を録画する方法(123)

セミナーで質問がありましたので整理してみました。初めてマスターしなくてはならないソフトは操作方法を動画として撮影しておくと後々思い出す場合に便利です。そこでPCでの操作画面の録画についてまとめてみました。

私の場合は、昔からMacintoshではSnapzProXを愛用していますが、Window10には標準で動画撮影ツールが組み込まれています。Windowsボタンと[G]を同時に押すと上図のようなパレットが出て来ます。ここで[はい、ゲームとして記憶します。]をチェックします。

[はい、ゲームとして記憶します。]をチェックをすると上図のようなパレットが表示しますので、黒丸(今から録画)をクリツクして録画を開始します。

論画が開始されると画面のどこから上図のようなパレット蛾出て来ます。録画を終了したいときに赤丸に白い■のマークをクリックすれば録画は終了します。また、生成された動画はビデオフォルダーのキャプチャーに自動的に保存されます。

なお、Macintoshの場合はQuickTime Playerを起動し、ファイルメニューの[新規画面収録]で上図のようパレットが出て来ますので、赤丸をクリツクすると以下のパレット蛾表示されます。

画面全体なのか部分なのかを設定すればあとは録画が自動的に始まります。ただし、酒量ボタンはQuickTime Playerの終了と連動しているようです。QuickTime Playerを再起動すると直前に録画したデータを作成することが出来ます。ここで初めて正式?に保存するようです。音声入り場合は、Soundflowerというツールをインストール必要があるようですが、QuickTime Playerも含めて私はまだ使った事がありません。

上図は私が愛用しているSnapzProXです。この手のツールは使い勝手も大切ですが、長く使っているか否かがとても大切ですね。