木曜日, 4月 29, 2004

鉄人28号

さる4月25日に横山光輝氏が他界された事は記憶に新しいが、イラストレーターの駄場さんから東京12チャンネルで放映されている鉄人28号の 話を聞いて早速見た私は、その作品の質に衝撃が走った。過去にもリメイク版は放映されていたが、これほどオリジナルに近い作画ではなかったので1回見ただ けで幻滅してしまったことを思い出した。しかし、これは違う。主題歌もエンディングテーマも当時のままに限りなくちかいのである。更にストーリーもオリジ ナルと同じ昭和30年代前半なのである。街並みや人々が当時のままなのだ。思わず鳥肌がたってしまった。村雨兄弟に敷島博士、大塚所長に金田正太郎・・・ 忘れていた何かに火がついてしまったような気持ちになった。そうか!この手があったのかという嬉しさもある。闇雲に今風にアレンジするだけが演出では無い という意味だ。これは本当に必見の良質なアニメーションだ。とにかく絵がなんとなく古い感じの色調になっているのも気持ちがいい。同じくリメイク放映され ている鉄腕アトムよりも作品としての質は上をいっていると感じた。あのテーマ曲とテンディング曲は井までも覚えている。それは鉄腕アトムも同じだ。それが まったく明後日名曲になってしまったらやはり私の見たモノではなくなってしまう。そんな気がして成らない。だからこの鉄人28号には興奮してしまったので ある。今風のアレンジならこうでなくては。とにかく画面の中はまさに私が子供の頃に過ごした東京の町があるのである。小学生で自動車を運転し、ピストルま で持っているというのは確かに不自然かも知れないが、子供時代の私にとっては等身大のヒーローであったのは確かだ。敵に渡すな大事なリモコン!って ね。(column: 1530)

水曜日, 4月 28, 2004

お絵かき・工作本

執筆は昨年8月に完成していた7冊目の著書『タブレット+Photoshop Elements お絵かき・工作教室』が 諸般の事情で5月10日頃にようやく発行されることになった。今年に入ってから執筆を始めた8冊目の著書も近々に発行予定であり、現在共著の執筆中でもあ るので、今年は発行という意味では執筆本ラッシュかもしれない。さて、問題なのは7冊目である。これは完全に今までの著書とは異なったアプローチなのであ る。タイトルが示すように完全にソフトウェアはコンシューマ用(Photoshop Elementsがコンシューマ用なのかについては諸説あるようだが)である。しかもソフトウェア本というよりは工作本としてのウエイトを置いた構成だ が、全体の流れは『タプレットの使い方〜便利な使い方の工夫〜描き方のコツ〜工作の基本知識〜工作』となっている。このように、描くというコーナーもしっ かり用意しているが、徹底して簡単に誰でも描けることにポイントを置いているので、描くというコーナーでの解説では、私は左手でイラストを描いている。絵 心が無いと思っている方(描けないと言う思いこみは自己暗示の世界だと私は思っています)でも気軽に描けるような構成になっている。こういった傾倒の本は 今後も色々と出してみたいと思っているのだが、もしかしたら児童書の得意な出版社から出した方がいいのかも?しれない。しかし、残念ながらまったくチャン ネルが無かったりする。世の中うまくいかないものである。ところで、この本の工作部分で解説に利用している展開図の現物(パーツごとにレイヤー分けした Photoshopファイル)もダウンロード出来るようになっている。(column: 1529)

踏み絵を見た4月

かつて隠れキリシタンの方達は命をかけて踏み絵などで信仰をためされた時期があった。恐らくどこの国でも似たようなことはあったのだろう。何かそんなこと を考えさせられる4月の事件だった。曲がった正義感と本末転倒な責任追及、屈折したイデオロギーに偏重報道。まさに現代版の踏み絵いったところかもしれな い。しかし、幸いなことに朝、昼、晩の定番偏重報道番組は数年前から見切っていたので不快な思いはせずに済んだ。いや、今回常軌を逸した失言を機関銃のよ うに発射した暴走キャスターの番組や、穏和だけど危ないおじさんの番組を見る習慣のない私はむしろもったいないことをしたのかもしれない。いやいや、都合 のいい(何処に対してだなんて私に言わせないで)翻訳をした番組もあったらしい。これは別に今に始まったことではないが、推理ドラマ10本分ほどの不可思 議な状況や理解不能な偏重報道が次々と出てくるのだから、決定的に何処が、誰が、何が崩れているのかが、子供にすらはっきりと分かってしまった現代史に残 る事件というべきかもしれない。それをリアルタイムで体験出来たのは幸運であったのか不幸であったのかは何世代か後の人が論じる話かもしれない。しかし、 たかだか60年ほど前の話ですら既にいわれなき圧力で歪められつつある我が国に、何世代か後の方達の場というものがあるかどうかは分からないが、少なくと も今回の事件でそれが少しだけ延命されたのは確かだろう。私はそう願っている。そして、まともな人の方が圧倒的に多いと言うことにしかるべき関係者は気が 付いていない事の方がむしろ滑稽にさえ感じられる。これはインターネットというリアルなメディアの存在が無ければ気が付かなかったことかもしれない。それ にしても、これはもしかしたら旧態メディアに引導が渡されてしまった瞬間ではないだろうか。そうでもないのかな〜。(column: 1528)

木曜日, 4月 15, 2004

京王井の頭線代田橋

15日、京王線の代田橋まで出かける用があったので、新宿経由ではなく、渋谷の井の頭線経由で出かけることにした。まったくの気まぐれである。渋谷からの 乗車は、もしかすると20年ぶりぐらいかもしれない。代田橋までの経由方法は、明大前で京王線に乗り換えるわけだが、その1つ先の下高井戸が世田谷線と繋 がっており、子供の頃はいつも若林から下高井戸まで行き、そこで京王線に乗り換えて、さらに明大前で井の頭線に乗り換えて吉祥寺、そこからバスで従兄弟の 家というパターンが多かった。それを半分ぐらい久しぶりに体験してみたが、駅はきれいになり景観も恐ろしく変わってしまったが、どことなく昔の面影を感じ るのは何故だろう。井の頭線から東急までの通路の壁の一部がまだ当時のままだったりすのが何かとても嬉しくなってしまった。帰りに時間があれば下北沢で下 車し、そのまま三軒茶屋まで歩き、新玉川線で渋谷に出るというコースを目論んでいたが、ちょっと遅くなってしまったので実現できなかった。下北沢は昔勤め ていたデザイン会社が副業としてファンシーグッズの店を出していたのでよく出かけていたが、当時はまだ戦後の闇市の名残りのような怪しいアーケードが残っ ていた。あれはまだ残っているのだろうか。本田劇場が出来るか出来ないかの頃の話である。(column: 1527)

火曜日, 4月 13, 2004

スピード2

キアヌ・リーブスの主演で大ヒットした『スピード』の続編である『スピード2』を予約録画して見た。リーブスが降板してしまったのでヒロインのサンドラ・ ブロックの今度の相手役は、ジェイソン・パトリックだが、正直、私には印象に残らない俳優さんだった。見終わった翌日にはどんな顔だったかも忘れているほ どだ。で、今回は前作とは比べモノにならないほど予算を使っている作品だが、全体を見終わったときの印象は薄っぺらなモノだった。多分前作の緊張感を今回 も期待していたのがまずかったのかもしれない。ストーリー設定に無理が有りすぎ、結末までの流れに説得力がまったくないのである。いわゆる悪い意味でのア メリカ映画のご都合主義的な部分が全面に出過ぎてしまっているのである。更に手話しか出来ない少女などユニークな設定の脇役がいるにも関わらずストーリー 上に生かし切れていないように感じた。止めはサンドラ・ブロックが役柄とはいえ凄く嫌な女性に描かれているように感じたことだろうか。多分これは私の主観 だとは思うが、パート2というのはやはり難しい領域だと感じた。そういった観点から思い出すと私が見た中で、パート2の方が面白かったのは『ターミネー ター2』ぐらいかもしない。まっ、言うのは簡単だが、とにかく前作にあった切れの良さとリズム感は完全に失われている。(column: 1526)

月曜日, 4月 12, 2004

身勝手なレビュー企画

雑誌やオンライン上で色々なソフトウェアについて記事を書くことが多いが、自分のサイトでそれらの記事とは違った『もっと独断と偏見に満ちた紹介?』のよ うなコーナーを設置してみようかと思うようになった。半分はある方からの入れ知恵だったりするが、意外と面白いのではないかと、本気で思うようになった。 例えば雑誌などでは、タイトルがあってキャッチが何文字で図版が難点でそれぞれのキャンプションが何文字で〜という枠が決まっていることが圧倒的だから だ。実は私はこれを守れない(極端な表現をすると)ので困っている。枠にきっちり収まるような文章が苦手とうわけだ。だったら自分のところで好き勝手に やってもいいのではという意味である。この身勝手なレビュー(というべきか?)のメリットorデメリットは、私が使うモノだけに限定(だから最新製品とは 限らない)していること。常用ソフトやハードでも使ったことのない機能については触れないし評価しない。可能性があれば変な使い方(よい子は真似しないよ うに)にも言及。案外こんな内容の方がえけるのではないかと勝手に思いこんでいたりする。問題はWebLog内で行うか、別途サイトの中にコーナーを設け るかだ。(column: 1525)

日曜日, 4月 11, 2004

老舗と名店は自分の舌で探す

偶発的に最中(モナカ)を頂いて感動してしまった。大好きなのである。しかしこれは以外に好き嫌いが分かれるようだ。で、暫くぶりであったのと、最近和菓 子を堪能していないと言うストレスが突然噴火状態となった。『和菓子〜命!』というわけである。そこで早速一番近い店がどこかを調べまくってみた。しか し、調べているうちにボルテージが突然下がってしまった。何せ老舗の名店と紹介されている店は既に『まずくて最低』の烙印を押してある所ばかりだからだ。 『なんでこんな店が名店なの?』というわけである。そういえば以前ある町で行列が出来るというラーメン屋さんに入り、ラーメンの味も最低で店員さんの態度 も鼻持ちならない超最低という状況に閉口したことがあった。ところが、それから1ケ月もしないうちにTVでその町で一番美味しい店として紹介されていたの だから、メディアで紹介される店なんて信じないことにした。いい加減に数えてもその町にラーメン屋さんは100店ではきかないはず。実はこういった事は相 当前から懐疑的だっのだが、あれがあの町で一番美味しいとしたら舌が死んでいるか、ワイロを貰っているか、ヤラセのどちらかだろうと本気で思っている。 まっ、百歩譲って昨今の豚骨系ラーメンははじめっから邪道だと確信している私がいけないのかもしれない。それと、ほとんど外食をしない私の舌は濃い味が苦 手だ。しかし、かの店に同席した他の4名もまったく同じ意見だったのだから私だけの特殊事情ではないだと思う。で、和菓子探究は本気でしたくなってしまっ た。案外どなたも地元については本気で調べていなかったりするものなのではないだろうか・・・。(column: 1524)

TCDW1611

土曜日, 4月 10, 2004

不達スパムの沈静化?

どうやら不達スパムは沈静化したようだ。しかし、何通かの本物の不達メールも実はちゃんと先方に届いていたことが最近判明すると、あれもスパムだったの か?という脱力感とともに、なんだか何も信用出来なくなってしまう。一応スパムと分かっていても不達メールは別途保存しておいたからだ。ただし、流石に私 のアドレスとは無縁なモノが入っている場合は数日後に削除した。問題はもあたかも私から送ったかのような偽装スパムだ。多分相当ばらまかれていることだろ う。本当に嫌な世界だ。こんなことだとお気楽に外出先でもモバイル生活なんてことは出来なくなってしまう。実はここ2年ほど旅行先からの通信は行っていな い。もし今後それが必要になった場合は方法を考えないとだめだ。何せ旅行先からアクセスする場合はケーブル通信は使えないので、あろう事かもっともスパム の届く数の多いアドレスを経由しなくてはならない。今時ホスト側でスパムカットを行っていないのだから唖然とする。殆ど使っていないので解約したいのだ が、古いアドレスなので色々と困ることがある。世の中うまくいかない。(column: 1523)

木曜日, 4月 08, 2004

Tablet PC

また、Tablet PCの取材を受けた。正式公開されればリンクでお知らせする予定だ。で、今回はHPのタブレットを使わせて貰った。はっきり言って凄くイイ。これで4メー カーのTablet PCを触ったことになる。ところで、今回は相当過激な発言をしている。成り行き上ということだが、熱心なアップルユーザー(アップル関係者)が読んだら激 高する方も出てくるかも知れない。なにせ、『アップルである必要はない』とまで言い切っているからだ。もちろんこれはTablet PCというアップルには無い選択肢にどうしてもっとクリエーターは触発されないのかという意味を込めてのことだ。例えば現状ではG5を航空母艦とし、その 他の選択肢は巡洋艦であったり、時には爆撃機であっていいと思う。では、何故G5が航空母艦かというとそれはプロの世界でのアップル及び黎明期に苦労した プリブレス関係者の実績というのがもっとも正しいかもしれない。言い換えれば銘刀のようなものだ。だから、逆にアップルの良さを理解しているから Windowsが使えるという流れが私は自然だと思うし、そう実践している。いつも思うし、率先して発言してきているが、モノを創り出すことにコンピュー タやソフトウェアはほとんど関係がない。それらはモノを作り出すときに必要な道具だからだ。それらは当然Macである必要は無いということになる。そうか もしれないが、決定的に違うのはデザインに対するスピリッツだ。拘りとでもいうべきだろうか。クリエータの道具を創り出すメーカーにデザインセンスが無い のはやっぱり興醒めだ。そういったメンタルな部分とトータル環境でアップルは今後もクリエータの道具として君臨してくると思う。しかし、アップルがリリー スしていない製品群というもの選択肢は当然無い。Tablet PCやりPDAなどがそうだ。あるいは極端に軽く小さいノートパソコンというジャンルも同様だろう。これらがWindowsだからという理由だけで毛嫌い するとしたら、それは既に本末転倒と言い切ってよい状況だと私は思う。(column: 1522)

水曜日, 4月 07, 2004

TCDW1609

風刺漫画は嫌いだ

ヤラセや偏重報道でお騒がせの絶えない大手新聞のオンライン版に連載されているアニメコラムで、『銃撃されて血しぶきを上げる全裸の陳水扁総統』といった 作品が公開されて大騒ぎになっているようだ。その新聞もオンライン版も私は愛読していなかったが、何がどう迷い込んだのか、問題のアニメコラムを偶然見て しまった私は、瞬間そのあまりの不謹慎さに嗚咽が出そうになった。当然というべきかもしれないが、現在は削除されているようだ。しかし、それ以外の作品も 失礼ながら不快なモノばかりだ。これこそが風刺でありジャーナリズムみたいな錯覚をしているのだろう。全体の流れからすると反米親中という卓袱台の上に 乗ってアイデアを展開しているのはミエミエだ。まっ、それは言論の自由の範囲でありここでの論点ではないが、それでも今回の作品は最低だ。もともと私は風 刺漫画が子供の頃から大嫌いだった。ウイットに富んだものなら心地よいエスプリとなるのは理解している。だが、それらのほとんどは欧米の風刺漫画には見ら れるが、残念ながら国内のものは見るに耐えないものばかりだ。恐らく文化の違いなのかもしれない。本来は日本の方が漫画文化は長いし、風刺の文化も古くか らあったはずだが、どうしてしまったのだろう。どうして私が風刺漫画が嫌いになったかと言うと、単なる悪口で完結しているモノばかりだからである。あるい は吹き出しに頼らないと内容が解らない一コマ漫画イコール風刺漫画というイメージが新聞文化で私の中に根付いてしまったからかも知れな い。(column: 1521)

土曜日, 4月 03, 2004

iPod miniゲット

3月30日、いろいろあって我が家にiPod miniが届いた。もちろん本物である。また、色はピンク。もういきなり手持ちのCDを20枚ほどiTuneしてしまった。しかし、操作に苦労して大混乱 状態だったのも確かだ、それが今日になってやっとやり方を勘違いしていたことに気が付き(遅い)、あまりの快適さに目から鱗状態である。実は今日(2 日)、予定が突発変更になって銀座で打ちあわせとなり、その足でアップルストアに始めて入った。中は思ったより小さかったが、購買意欲が爆発しそうになる 危ない店だと直感。何もかもが欲しくなってしまうのでマズイ。で、今日はiPod miniを持っていなかったので、ちょっと失敗したと思った。さりげなく持っていて店内に入るのが面白かったかも・・・と。こうなると物色していたIC録 音機もやっぱりiPod系がいいかもと軌道修正を始めた私である。実は1日にモロにソレを使っている方を見てしまったのが宗旨替えの一歩であっ た。(column: 1520)

iPod mini


いろいろあって手に入れたiPod miniのピンク。本物です。合成ではありません。写真は、椅子の上に置いたネタ帳(いつも持ち歩いているノート)の上に乗せて撮影しています。(PIC00016)

金曜日, 4月 02, 2004

TCDW1606

TCDW1605

TCDW1604

エイプリルフール

エイプリルフールのネタを随分前から考えていたのだが、相変わらず腹の立つ不快なニュースの連打にリラックス出来る精神的な余裕が無かった。結果一発芸は 沈没してしまったさて、今日(1日)、所用で都営浅草線三田駅(JR田町駅)界隈に出かけた帰り、都営浅草線(地下鉄)三田駅の改札手前のトイレに入ると 思わず嘔吐してしまうほど臭うホームレスが手洗い場で体を拭いていた。他には私一人である。流石に何がおこっても不思議はない状態。私はバッグの他に肩か らiPod mini(さりげなく)の入ったトートバックまで下げていた。人を疑っては失礼かも知れないが、最近は色々と物騒だ。思わずトイレのタイルに反射したその 人物をアクション映画のように追ってしまった。いつ襲われても身をかわせるようにだ。こんな話をするとバカにされそうだが、その瞬間は本当に怖かった。と にかく東京は最近やたらと物騒だ。しかも、要所要所に警察官が随分沢山巡回している。大人が真っ昼間でも安全だなんていうのは過去の話 だ。(column: 1519)

木曜日, 4月 01, 2004

仏の顔も一度まで

『メールデリバリーからの送受信トラブルについて』のメールを装ったウイルスが多発している。Windows系の方は更なる注意が必要である。私の所に は、私からまったく身に覚えのない方へのメールトラブルみたいなものが毎日数十通戻ってくるように見せかけて届く。当然自動的なスパム処理で『アディオ ス』だ。余談だがスパムフィルタは時々誤動作?することもあるが、ほとんど気持ちよいくらい振り分けてくれる。で、私の場合はあるアドレスに集中している ので、これを一気に捨てれば面白いことになるかも知れない。ただ、ちょっと捨てられないアドレスなので、どうしたらいいか作戦を考えていたりする。しか し、最近は本当に悪質なスパムやウイルが多い。いい加減にして欲しいのは確かだが、半分以上は意味不明のチャイナメールだ。で、そんな中には丁寧な日本語 でのメールがあったりする。内容は大抵イラスト依頼なのだが、私は過去に外国からの同種の依頼で騙されたことが数回(中国2/韓国1/ロシア1/インドネ シア1/クロチア1)あるので、どんなに真摯な文面でも信用しないことにした。もしかしたら1人ぐらいは本当に真面目な依頼かもしれないと、最初の内は随 分躊躇していたこともあったが。それって単にストレスが溜まるだけで私には何のメリットもない。海外からの依頼は代理店なり、大手メーカーが窓口のものに 限る。当たり前の話だが、なかなか鬼になれないのは性分かもしれない。仏の顔も三度までというが、やっぱり1回で充分だろう。(column: 1518)